Official Blog – The Church of Almighty God

  • Breaking News in China
    The CCP Has Competed Against God to an Extreme Stage
    Opposing God by Launching a Nationwide “One-Hundred-Day Battle,”
    the CCP Is Guilty of the Most Monstrous Crime —The Christians of the Church of Almighty God in Mainland China Are Suffering an Unprecedented Persecution

    Only three days after the “May 28 Shandong Zhaoyuan Case,” the CCP used the media to propagandize crazily, shifting the crime to the Church of Almighty God. On June 16, “Office of the CCP Central Committee of Guarding Against and Dealing With Cults” called an emergency national teleconference on arranging a special work of punishing […]

    Read More
  • Le monde est en état de choc :
    Dernières nouvelles de Chine – Le PCC réprime et assassine des Chrétiens de l’Église de Dieu tout-puissant à l’échelle de la nation

    Le 28 mai 2014, le PCC a méticuleusement fabriqué le « Crime de Zhaoyuan, dans la Province de Shandong » en utilisant un groupe de psychopathes. De plus, il a utilisé les principaux médias pour faire de la propagande, calomnier et diffamer l’Église de Dieu tout-puissant. Il a ouvertement déclaré que l’Église était une secte, et à même clamé frénétiquement, « Les troupes ne se retireront pas jusqu’à ce que l’extermination soit complètement réalisée ! » Peu de temps après, le 16 juin, le Bureau du Comité central de protection et de lutte contre les sectes du PCC a tenu une téléconférence nationale dans le cadre d’une campagne spéciale à l’échelle du pays, la « bataille des cent jours », pour mener une opération contre l’Église de Dieu Tout-puissant, en élevant l’action épouvantable et barbare de supprimer l’Église à une action politique « urgente, compliquée et importante ». Puis, ils ont déterminé que l’Église était une « secte » et comprise dans l’article de loi et a émis le document dans chaque province et ville,compromettant ainsi gravement l’Église et prenant la mesure brutale « d’emprisonner un groupe et en tuer un autre ». Le gouvernement central a même alloué des dizaines de millions de yuan pour récompenser ces unités, les individus et les informateurs ayant réalisé des exploits importants, en stimulant les masses et en dénonçant et en exposant les Chrétiens de l’Église et en les encourageant à mener une « guerre du peuple » pour assiéger l’Église. En août, l’odieux PCC a audacieusement et sans scrupules déployé et armé la police et les troupes régulières à grande échelle pour lancer une arrestation et un anéantissement complets des Chrétiens de l’Église.

    Prenez la Province de Zhejiang, par exemple. Le 15 juillet 2014, le PCC a tenu une conférence spéciale pour réprimer l’Église de Dieu tout-puissant au Grand Hall du peuple à Wenzhou, dans la province de Zhejiang. Les participants comprenaient des représentants de haut rang du PCC, comme le responsable du personnel du service de la logistique de la région militaire de Nanjing, le commandant du service de logistique de la région militaire de Nanjing, le directeur du bureau représentatif de l’armée de Shanghai, le vice maire de la ville de Wenzhou (qui est responsable de l’armée), et le Secrétaire général de la ville de Wenzhou; de plus, il y avait des représentants, comme les personnels des quartiers généraux de la garnison de la sous-zone militaire, la police armée, la police de la circulation, les forces réservistes (soldats à la retraite) de Whenzhou, et les gardes-frontières. Il y avait environ 300 personnes au total. La conférence a déclaré que le Comité central avait officiellement classé « l’Église de Dieu tout-puissant » comme « secte » par voie juridique et avait décidé de mener une action spéciale pour réprimer l’Église, dans le but d’abolir et d’éradiquer l’Église entièrement. Lors de la conférence, le Secrétaire général de Whenzhou a exigé que : les participants signent une attestation écrite selon laquelle ils ne s’engageraient pas dans l’Église de Dieu tout-puissant ou toutes autres activités religieuses, et ceux qui refusent de le faire seraient expulsés du parti et démis de leurs fonctions ; si les membres de la famille des cadres et participants croient en Dieu tout-puissant, ils doivent ordonner aux membres de se retirer de l’Église, ou ils seront sévèrement punis ; si les gens rejoignent l’Église, ils seront arrêtés, recevront une amende, seront emprisonnés etc, et ils seront privés de sécurité sociale et leur famille proche perdra leur travail.

    Read More
  • Das schockiert die Welt:
    Hochaktuelle Nachrichten aus China—
    Die CCP unterdrückt und ermordet im ganzen Land Christen der Church of Almighty God

    Am 28. Mai 2014 erfand die CCP minutiös den “Mörder in Zhaoyuan, Shandong Provinz” unter Einsatz einer Bande von Psychopathen. Darüber hinaus verwendet sie wichtige Medien, die Church of Almighty God weitgehend zu propagieren, und zu verleumden und diffamieren. Sie stellt die Kirche offenkundig als eine Sekte dar und fordert sogar fieberhaft, dass “Streitkräfte nicht zurückgezogen werden, bis die Vernichtung zu Ende gebracht wurde!” Kurz danach, am 16. Juni, hielt das Büro des CCP Central Committee of Guarding Against and Dealing With Cults eine nationale Telekonferenz bezüglich einer landesweiten speziellen Kampagne, dem “One-Hundred-Day Battle”, um die Church of Almighty God zu bekämpfen, wobei der bösartige und grausame Akt der Unterdrückung der Kirche als eine “dringende, schwierige und bedeutungsvolle” politische Aufgabe dargestellt wurde. Daraufhin wurde die Kirche als eine “Sekte” bezeichnet und dies wurde im Gesetzt festgehalten und der entsprechende Artikel an alle Provinzen und Städte ausgehändigt, so dass die Kirche massiv bekämpft wurde und die brutale Maßnahme der “Inhaftierung und Tötung” eingeführt Die Zentralregierung belohnte sogar Streitkräfte, Individuen und Informanten mit zehn Millionen Yuan, die herausragende Leistungen in Bezug auf die Stimulierung der Massen erbracht haben, um die Christen der Kirche bloßzustellen und und diese zu induzieren, einen “Volkskrieg” zur Stürmung der Kirche zu kämpfen. Im August setzte die CCP gewagt und skrupellos im großen Umfang bewaffnete Polizei und reguläre Streitkräfte ein, um eine umfassende Festnahme und Vernichtung der Christen der Kirche einzuleiten.

    So zum Beispiel in der Zhejiang Provinz. Am 15. Juli 2014 hielt die CCP eine Sonderkonferenz zur Bekämpfung der Church of Almighty God in der Great Hall of the People in Wenzhou, Zhejiang Provinz, ab. Zu den Teilnehmern gehörten hohe Beamte der CCP, so wie der Generalstabschef der Logistik-Abteilung der Militärregion Nanjing, der Kommandant der Logistik-Abteilung der Militärregion Nanjing, der Direktor des Shanghai Military Representative Office, der Vizebürgermeister der Stadt Wenzhou (verantwortlich für das Militär), sowie der Generalsekretär der Stadt Wenzhou; Darüber hinaus nahmen weitere Abgeordnete und Vertreter teil, so wie Vertreter einer Kommandantur eines militärischen Teilbereichs, der bewaffneten Polizei, Verkehrspolizei, der Reservekräfte (pensionierte Soldaten) von Wenzhou und Grenzwächter. Insgesamt nahmen 300 Menschen teil. Im Zuge der Konferenz wurde verkündet, dass der Zentralausschuss die “Church of Almighty God” in der Gesetzgebung offiziell als “Sekte” klassifiziert und die Durchführung einer Sondermaßnahme zur Bekämpfung der Kirche durchführen wird, um auf diese Weise die Kirche umfassend zu beseitigen und abzuschaffen. Während der Konferenz legte der Generalsekretär von Wenzhou fest: Die Teilnehmer müssen eine schriftliche Vereinbarung unterzeichnen, dass sie nicht der Church of Almighty God oder jeglicher anderen religiösen Aktivität beitreten werden, und diejenigen, die sich weigern, werden aus der Partei ausgeschlossen und von ihrem Posten entlassen; sollten die Familienmitglieder der Kader und Teilnehmer an den Allmächtigen Gott glauben, sind diese verpflichtet, die Mitglieder dazu zu bringen, aus der Kirche auszusteigen, sollten sie dies nicht tun, werden sie hart bestraft; wenn Leute der Kirche beitreten, werden diese verhaftet, verurteilt, eingesperrt und so weiter, ihnen wird soziale Sicherheit vorbehalten und ihre unmittelbaren Familienmitglieder werden ihre Arbeitsstellen verlieren.

    Read More
  • Le PCC est devenu un Groupe de terrorisme d’État violent

    par Wang Lu

    (de Chine)

    Après que le PCC a créé le cas Shandong Zhaoyuan et a préparé l’opinion publique pour sa répression globale de l’Église du Dieu Tout-Puissant, il a mobilisé des policiers armés et des troupes régulières pour arrêter les chrétiens de l’Église du Dieu Tout-Puissant et toutes les églises clandestines. Le 16 juin, le PCC a lancé une campagne nationale spéciale, la « bataille de cent jours, » pour s’occuper de l’Église du Dieu Tout-Puissant. En outre, il a utilisé des dizaines de millions de yuans pour récompenser les unités, individus et informateurs aux exploits exceptionnels, amenant l’ensemble de la nation à mener une guerre populaire de signalement et d’arrestation des Chrétiens de l’Église. En juillet, le PCC a décidé que l’Église du Dieu Tout-Puissant était une secte et a légiféré pour la punir. En août, le PCC a mobilisé la police armée et des troupes régulières pour annihiler entièrement les Chrétiens de l’Église, réprimant l’Église de manière écrasante dans tout le pays.

    Selon les initiés du PCC, le 15 juillet 2014, une conférence spéciale sur la répression de l’Église du Dieu Tout-Puissant a eu lieu dans le Grand Hall du Peuple, dans la Province de Wenzhou, Zhejiang. De hauts fonctionnaires du PCC figuraient parmi les participants, tels que le chef d’état-major du département logistique de la région militaire de Nankin, le commandant du département logistique de la région militaire de Nankin, le directeur du Bureau du représentant militaire de Shanghai, le Vice Maire de Wenzhou City (en charge des armées) et le Secrétaire général de la ville de Wenzhou ; il y avait également des représentants, tels que du personnel du quartier-général de la garnison de la sous-zone militaire, la police armée, la police de la circulation, les forces de réserve (militaires à la retraite) de Wenzhou et les garde-frontières. Il y avait plus de 300 personnes en tout. La Conférence a déclaré que le Comité Central avait déterminé que l’« Église du Dieu Tout-Puissant » était une secte via législation et avait décidé de mener une action spéciale pour réprimer l’Église, visant à l’éradiquer totalement. Après la conférence, les ministères du gouvernement du Zhejiang à tous les niveaux ont agi de concert pour organiser secrètement une action spéciale d’arrestation des Chrétiens de l’Église. Ils ont envoyé plus de 3 000 réservistes pour aider le comité des résidents à interroger le public sur ses croyances religieuses, par le biais de porte-à-porte, de vérification des cartes de séjour et en bavardant avec les habitants. Pendant ce temps, des policiers armés et des policiers en civil étaient déployés dans les rues pour surveiller les personnes suspectes. Certains ont agi comme des étrangers pour approcher les personnes suspectes en demandant leur chemin, et certains se sont déguisés en mendiants pour suivre successivement les personnes suspectes.

    Read More
  • 中共はもう国家恐怖主義の暴力団体となった

    中国 王露 中共は山東招遠事件をでっち上げて、全面的に全能神教会を鎮圧するための世論を作った後、武警や正規軍隊を使って、全能神教会と、すべての地下教会の信徒を捕まえていた。6月16日、中共はまず全国で「百日会戦」という、もっぱら全能神教会を治める行動を展開した。そして、資金千万元を出して、著しい成果を上げた組織や個人および通報する民衆に賞金を与え、全国の民衆を利用して人民戦争を行う手段で、全能神教会の信徒を告発させ、また逮捕した。7月に、中共は全能神教会を邪教組織と認定し、法律に入れ、制裁を加えた。8月に、中共は武警や正規部隊を召集して、全面的に全能神教会の信徒を鎮圧する行動を展開し、全国に渡り天地を覆う勢いで全能神教会を打撃した。 中共の内部の人の情報によると、2014年7月15日、浙江省温州市の人民大会堂で全能神教会を打撃する専門会議が開かれた。そのメンバーは、南京軍区後勤部参謀長、南京軍区後勤部司令、上海市軍隊代理処主任、温州市副市長(軍隊のみの管理者)、温州市秘書長などの中共高官および温州市軍分区警備司令部の係員、武警、交警、予備役部隊(退役軍人 )、辺境部隊の代表など合わせて300名余りだった。議会で、中央はすぐに法律を立て「全能神教会」を邪教組織と認定し、その上、全能神教会を打撃する特別行動を展開させ、徹底的に全能神教会を根絶すると言明した。議会終了後、全省各政府部門は統一に行動し、全能神教会の信徒を逮捕する特別行動を秘かに配備した。まず3000名余りの予備役人を派遣し、住民委員会を使って、直接家を訪ねて確認し、戸籍を調べ、住民と雑談するなどのやり方で、信仰があるかどうかを探り出させた。同時に、武警や私服の警官を各道沿いに配置して、疑わしい人を監視させ、道を尋ねる人に扮装して疑わしい相手に接近したり、或は乞食と扮装して交替で疑わしい相手の後を踏むようにさせた。 8月に、中共は前々後々、幾たびの武警部隊を浙江省温州市の各地に派遣して命令を待たせた。8月18日に、中共は武警1000人を温州滝湾に召集した。8月20日に、800名の武警を倉南に召集した。8月23日に、500人を瑞安の地方部隊の軍営に召集した。8月25日に、1100人を永嘉沙頭鎮に召集した。8月26日に、600人を楽清に召集した。続いて9月に、中共はまた大量の正規部隊を浙江省の各地区に派遣した。その一、中共は北京から中国第一軍第一師第一旅の3000名余りの陸軍を倉南に駐屯させた。その二、瀋陽軍区第三師の2000名余りのタンク軍、20台余りのタンクを温州平陽に派遣した。その三、陝西省二砲兵部隊の旅団の2000名余りの将兵、十輌余りのミサイル車を倉南に派遣した。その四、また中共は2700名の海軍を温州平陽県の南麂島に派遣した。その五、中国第三軍の師団の5000名余りの歩兵を青田に派遣した。その六、中共は87名の陸軍精兵と10輌余りの車を温州に派遣した。中共が今度、浙江省に武警や正規部隊を大規模に派遣したのは、全能神教会の信徒を逮捕するためで、浙江省で統一行動を行い、9月28日から一週間にわたる逮捕を始めた。そのほか、今度の逮捕ㆍ鎮圧の行動に協力させるために、中共政府は大金を惜しまず出費し、浙江省の衢州、金華、滝虎山付近に三つの大きな牢屋を立てた。この一連の逮捕、鎮圧の処置から分かることは、今度中共政府が全能神教会の信徒を残酷に迫害し、血なまぐさく鎮圧する行動はずっと前から企んでいたことであり、その規模が大きく、勢いが凄まじく、手段が悪辣であるのは、「六ㆍ四」学生運動を鎮圧した時よりもっと酷いのだ。中共はなんと正規部隊や武警まで動員して、徒手空拳のクリスチャンを鎮圧し、すぐにも神様を信じる人を全部根絶し、一網打尽にしようとする。これから分かることは、中共はファシストよりもファシストだ。世界の中で一番危険で邪悪な恐怖主義の暴力団体だと言っても過言ではない。 今の世界では、宗教信仰は既に世界に公認され、受け入れられていて、普世の価値となった。「世界人権宣言」に書いてあるのと同じである。すべて人は、思想、良心及び宗教の自由を享有する権利を有する。この権利は、単独で又は他の者と共同して、公的に又は私的に、布教、行事、礼拝及び儀式によって宗教又は信念を表明する自由を含む。しかし、中共政府は邪悪かつ恥知らずで、なんと「世界人権宣言」に背いて、「宗教信仰は自由だ」と臆面もなく宣伝すると同時に、裏では狂ったように全能神教会を打撃ㆍ鎮圧し、全国においてもっぱら全能神教会を治める「百日会戦」行動を展開しただけでなく、全国人民を利用して全能神教会の信徒を迫害し、大量の軍隊まで動員して全能神教会を鎮圧し、全能神教会の信徒を逮捕・迫害し、神様の働きを破壊しようと企んでいる。ある人は疑問に思うだろう。中共がそれほど大げさに、全能神教会に対して重点的に打撃し、武警や正規部隊まで動員して、徒手空拳のクリスチャンを鎮圧するのはなぜだろうと。 実は、この問題は理解しがたいことではない。世の終わりのキリスト――全能神は受肉して中国に現れて働いて以来、数百万字あまりの御言葉を発し、聖書の中に隠された奥義、神様の六千年の経営計画、および後で神様がどのように時代を終わらせるのか、人類の後の落ち着き先などの奥義を全部明らかにして、中国人の心を呼び覚ましたからだ。多くの人は神様の御言葉から真理を見つけ、義の太陽と真の光の現れが見え、人類が救われる希望が見えて、次々と闇を離れて造物主である真の神様に立ち返った。中共は全能神の御言葉は威力がとても大きくて、一旦民衆がそれを理解し、把握したら、自分はもう人を惑わし、堕落させることができず、たとえ洗脳するか或は酷刑や監禁を加えても、人の神様を信じるという決心を変えることはできないと分かるからだ。だから、中共は人が全能神の御言葉を聞くのをひどく怖がる。人が真の神様につき従って自分を拒絶することを心配している。そうすれば、中共の独裁統治が脅かされる。これは中共が一番怖がってることだ。だから、永遠に中国の民衆を統治するために、中共は最後のかけとして、狂ったように反撃し、全国において全面的に全能神教会の信徒を逮捕し、鎮圧する行動を展開して、全能神教会の神様の選民を根絶し、全能神教会を徹底的に取締り、瓦解させようと企んでいる。これが中共が狂ったように全能神教会を迫害する根本的な原因なのだ。 世々、真理の道は迫害を受けている。これは誰の目にも明らかなことだ。しかし、部隊や武警まで動員して、徒手空拳のクリスチャンを鎮圧するのは、有史以来中国だけだ。中共の邪悪と反動が見られる!中共が大々的に全能神教会を迫害しているけど、全能神の働きを全然阻めなかった。なぜなら、神様が成し遂げようとすることはいかなる人、いかなる勢力も阻むことができないからだ。たった20年余りの間に、全能神の福音の仕事はいろんな弾圧を乗り越えて、中華大陸で凄まじい勢いで拡大され、何百万といった人が次々と全能神の前に立ち返った。今、全能神の王国の福音は滔々として、世界の各国各民族に向かって拡大され、韓国、アメリカ、カナダ、日本、台湾、マカオ、香港などの国と地区には全能神教会ができ、全能神の御言葉は海外のメディアや各インタネットに載せられ、全能神教会の神様の選民が中共政府の迫害を受けた経歴の証しの動画も海外の各インターネットに載せられた。これは神様の知恵と全能であり、さらに神様の大事業が成し遂げられた印でもある。 中共邪党は歴史に逆行し、天に背き、中国を無神区とさせ、中国の人民を永遠に制御し、奴隷とさせるために、罪をなすりつけ陥れ、嘘で騙すような手段を使って中国の人民を利用して人民戦争を行うよう誘惑し、公然と神様に対抗し、大規模に国家の正規部隊を派遣して全能神教会を鎮圧し、全国に渡り狂ったようにクリスチャンを鎮圧し、大々的に逮捕者を造り出して邪悪な波を引き起こし、中国の人民を死の境地に陥れた。中共邪党は、世間を騙して虚名を得る恐怖主義の暴力団体だ!周知の通り、国の軍隊はもともと家族を保護し、国家を防衛するためのもので、人民に奉仕するべきだ。しかし、中共の軍隊は民衆の命や安全を保護するどころか、かえって無辜のクリスチャンを鎮圧ㆍ逮捕し、民衆を威圧ㆍ迫害する殺人鬼となった!これは中共政党の邪悪かつ反動的な悪魔の本質を十分に説明する!本当に呪わるべきだ。二千年前を振り返ってみると、ユダヤ人はイエスを十字架につけたためこの上ない罪を犯して、神の性情の怒りに触れ、神の懲罰を受け、全民族はかつてない亡国の痛みを受けた。今、中国邪党は中国民衆と共に神様に反抗し、その悪行はすでに神様の怒りに触れた。中共はどうして党が滅びる運命から逃れられようか。中華民族はどうして滅びるという結末を免れられようか。 [Almighty God][Eastern Lightning][The Church of Almighty God] The Church of Almighty God came into being because of the work of the returned Lord Jesus—the end-time Christ, “Almighty God”—in China, and it isn’t established by any person. Christ is the truth, the way, and the life. After reading […]

    Read More
  • 世界を驚かす、中国特大ニュース―― 中共は全国を挙げて天地を覆う勢いで全能神教会の信徒を鎮圧ㆍ殺戮している

    韓国 李春儀 2014年5月28日、中共は一群れの精神病患者を利用して「山東省招遠市の殺人事件」をでっち上げた。しかも各メディアを利用して大いに宣伝して、全能神教会に罪をかぶせ、中傷し、公然と邪教組織と認定し、さらには「全部取り除かない限り、兵を収めない」と狂ったようにわめき立てた。間もなく、中共「中央防備弁公室」は6月16日に、全国におけるテレビㆍ電話会議を開き、全国内で「百日会戦」を展開させ、もっぱら全能神教会を治める行動を実行し、全能神教会を鎮圧する邪悪な暴行を「緊迫で差し迫っている、任務が重大かつ困難だ、使命が重大だ」という政治任務とさせた。それから全能神教会を邪教組織と認定し、法律章程に入れ、各省各市に文書を下達して、全力を以て全能神教会を打撃し、一部の人は牢に入れ、一部は殺せ、という残暴的政策を実施させた。また中央は、資金千万元を振分け、著しい成果を上げた組織や個人および通報する民衆に賞金を与え、大衆を利用して全能神教会の信徒を告発ㆍ摘発させ、大衆を誘惑して人民戦争を以て全能神教会を包囲攻撃するようにした。8月、中共邪党はなり振り構わず、憚ることなく大規模武警や正規部隊を派遣して、全能神教会の信徒に対して全面的に鎮圧し、捕まえていた。 浙江省はその例の一つである。2014年7月15日、中共は浙江省温州市の人民大会堂で全能神教会を打撃する専門会議を開いた。そのメンバーは、南京軍区後勤部参謀長、南京軍区後勤部司令、上海市軍隊代理処主任、温州市副市長(軍隊のみの管理者)、温州市秘書長などの中共高官および温州市軍分区警備司令部の係員、武警、交警、予備役部隊(退役軍人)辺境部隊の代表など合わせて300名余りだった。会議で、中央はすでに法律を立て、正式に「全能神教会」を邪教組織と認定し、その上、全能神教会を打撃する特別行動を展開させ、徹底的に全能神教会を取締り、根絶すると言明した。会議中、温州市秘書長は参加した全員に全能神教会組織や全ての宗教活動に参加しないという保証書にサインさせ、それに従わない人は党籍を剥奪され、失職させられる、幹部や会議に参加したメンバーの家族で全能神を信じる人がいれば、全能神教会から出るよう勧め、さもないと、厳しい処分が下される、民衆の中で全能神教会に参加する者があれば、逮捕、罰金、監禁などの処置を取らされ、その社会保障及び直系の親族の仕事までも及ぶことを決めた。 会議での議決後、浙江省各政府部門は統一行動を展開させ、全能神教会の信徒を逮捕する特別行動を秘かに配備した。そして、3000名余りの予備役人を派遣して、住民委員会の人に協力して戸籍を調べさせ、住民と雑談するなどのやり方で、信仰があるかどうかを探り出させ、それと同時に、武警や私服の警官を各道沿いに配置して、ある者は道を尋ねる人として疑わしい相手に接近し、ある者は乞食と扮装して交替で疑わしい相手の後を踏むようにさせた。そのほか、中共は北京から二人の専門家を温州市に派遣して、バスの監視カメラを通して2012年の間、バスの中で伝道してた人を調査させ、しかもかつて逮捕されて前科のある者や名の知れた全能神信徒、および各宗派の中で全能神を信じるようになった人などを聞き回った。8月に、中共は幾たび武警部隊を温州各地に派遣して命令を待たせた。8月18日に、武警1000人を温州滝湾に召集した。8月20日に、800名の武警を倉南に召集した。8月23日に、500人を瑞安の地方部隊の軍営に召集した。8月25日に、1100人を永嘉県沙頭鎮に召集した。8月26日に、600人を楽清に召集した。9月になって、中共はまた大量の正規部隊を浙江省の各地各市に派遣した。その一、中国第一軍第一師第一旅の3000名余りの陸軍を倉南に派遣した。その二、瀋陽軍区第三師の2000名余りのタンク軍、20台余りのタンクを温州平陽県に派遣した。その三、陝西省二砲兵部隊の旅団の2000余りの将兵、十輌余りのミサイル車を倉南に派遣した。その四、また中共は2700名の海軍を温州平陽県の南麂島に派遣した。その五、中国第三軍の師団の5000名余りの歩兵を青田に派遣した。その六、中共は87名の陸軍精兵と10輌余りの車を温州に派遣した。浙江省で統一に行動し、9月28日から全能神教会の信徒に対して一週間にわたる大規模な逮捕を実行した。その逮捕行動に協力させるために、中共は大金を惜しまず出費し、衢州、金華、滝虎山付近に三つの大きな牢屋を立てた。 今、中共邪党は全国において、全能神教会を鎮圧する行動を狂ったように展開している。彼らは全国の民衆、メディア、公安や武警部隊を召集して、天地を覆う勢いで、全面的に全能神教会の信徒を鎮圧ㆍ逮捕する罪悪の行動を展開し、テレビやネットワークなどのメディアを利用して臆面もなく全能神教会を攻撃ㆍ冒涜ㆍ誹謗し、全能神教会の信徒を中傷している。都会や田舎の各通り、広場などの所で反面的な放送や宣伝をし、しかもいろんな勢力を使い隙間なく調査し、専任者を派遣して村ごと調査し、家ごと尋ね、人ごと調べる処置を取り、「むしろ千人を殺し損ねても、一人も見逃さない」という勢いだ。それゆえ、全国の各省各市、郷と鎮から各町、各村まで、至る所鶴唳風声で、疑心暗鬼に脅え、人心不安で、中国の民衆は極度の恐怖に囲まれている。 今度、中共政府が容赦なく全能神教会の信徒を鎮圧ㆍ虐殺し、全国の民衆を利用して神様に敵対するのは、ずっと前から企んでいたことで、その勢いは凄まじく、手段は卑劣で残忍極まりなく、全能神教会の選民を一網打尽にするまでは絶対諦めない勢いだ。その残酷さや邪悪さはこの上ないもので、過去の歴史に於いても比べものがないと言える!中共邪党の罪は天まで届き、許すべからざるものであり、その罪の行いは語りきれないほど多く、非難されるべきで、すでに今の世界で一番反動かつ邪悪なナチス集団となった!ヒットラーのナチス組織より邪悪で、反動的かつ残虐で、もっと酷いものなのだ! これに関しては、ある人は全く理解できないかもしれない。中共政府がなぜ武警や正規部隊まで使って、徒手空拳のクリスチャンを鎮圧するのか?実はその答えはとても簡単なのだ。なぜなら、世の終わりに言が肉体となった全能神が中国に来られて働いていて、数百万字余りの御言葉を発し、聖書の中のすべての奥義、神様の六千年の経営計画、および世の終わりに神様がどのように人を救うのか、どのように時代を終わらせるのか、人類の後の落ち着き先などを全部公にして、中共の強権支配下の中国人に光明をもたらし、救われる希望を与えたため、みんなが次々と全能神の前に帰したからだ。この事実のゆえ、中共は恐慌状態にあるのだ。中共は極めて真理を敵視し、真の光を恐れ、彼らは神様の存在を否認し、中国の人民がみな真理の道を受け入れて彼らを拒絶するのをなおさら心配している。特に、全能神が発した御言葉と、神様の選民が中共に迫害された証しの文章が次々と海外の各メディアや新聞雑誌に載せ、各種類の神様の世の終わりの働きを証しする動画や映画が海外のいろんなインタネットに迅速に載せられて、中共が神様の選民を迫害した天に届くほどの罪が天下にあらわにされたので、中共は大いに驚き、恐れ、自分の政権が崩壊ㆍ瓦解して、党が消滅する運命に追われるのを深く感じていた。怒りのあまり、中共は狂ったように反撃し、全能神教会に対してかつてない、大規模な逮捕と迫害を加えた。これが中共が武警や正規軍隊を派遣して、狂ったように神様の選民を逮捕し、迫害する根本的な原因なのだ。 今、全能神は世の終わりに人類を清め、人類を救うすべての真理を発して、それはまるで光が中華大陸に照らされたようである。真理は良知や正義のある人類に認められ、全人類は全能神の御言葉を前にして、みな考察し、尋ね求めている。人類は蘇り始めた。中共の悪魔たちは恐れ戦き、人類がみな真理を受け入れて神様に帰し、神様に救われることを深く恨み、心配している。だから、彼らは狂ったように反撃し、歴史に逆行し、天に背いて、全能神教会を敵と見なし、公然と全能神教会を罪定めし、さらには法律に入れて制裁を加えている。事実から見れば、中共こそ実の邪教組織であり、世界の暗黒や邪悪を代表する枢軸国なのだ。今の世界で、公然とある宗教に対して法律を立て罪定めし、国の正規軍隊を派遣して全面的に打撃し、鎮圧する国は一つもない。単に中共だけが大っぴらに、半年も経たないうちに、全能神教会を鎮圧するうねりを次々と巻き起こし、迫害する手段はますます酷くなった。まず「5.28山東招遠事件」をでっち上げて全能神教会に罪をなすりつけ、中傷し、それから「百日会戦」を展開し、人民戦争を起こして全能神教会を打撃し、そして一刻も早く法律を立て全能神教会を邪教組織と罪定めし、間もなく、何も憚らずに武警や正規軍隊を派遣して全能神教会へ血なまぐさい鎮圧を加え、全能神教会を徹底的に取り除こうと企んでいた。思いもよらなかったのは、中共はうまくやろうとしてかえって失態をした。彼らが次々と全能神教会を迫害し、残酷に鎮圧することによって、世界の人々は、それが天に対抗し、神様に敵対する邪悪な本性と悪魔の本質を見極め、中共こそ世界の中で一番危険で、一番邪悪な国、恐怖主義の暴力団体だと見極めるようになった。二千年前、イスラエル国の支配者であるヘロデ王は、聖書の預言にあるイスラエルの王――イエスが誕生したことを聞いて、自分の政権を守るために、ベツレヘムとその周辺一帯にいた二歳以下の男の子を一人残らず殺させた。二千年以後、中共は全能神が言が肉体となって中国に来られて働いていると聞いて、全能神を狂ったように追いかけるだけでなく、全能神につき従う信徒を全部鎮圧しようと企んでいる。その悪辣な手段は、歴史上イスラエルの支配者であったヘロデ王よりもっと酷いのだ。しかし、神から出たものは栄え、サタンから出たものは衰えるのだ。中共政府は極悪非道で、全能神教会に対して、手段を選ばず阻み、狂ったように鎮圧するが、それでも神様の王国の福音は中華大陸の隅々まで宣べ伝えられ、今、電光石火の勢いでアメリカ、日本、カナダ、韓国、香港、台湾などの国や地域に展開され、これはもう神様が既に成し遂げられた事実なのだ。王国の福音が広まる空前の盛況はきっと全地で現れ、それは誰でも阻めないことだ。神様の義なる性質は人が犯すのを許さない。中共が天に対抗し、神様に敵対することは、すでに神様の性情の怒りに触れ、必ず神様に滅ぼされる。全能神の働きを受け入れ、全能神に従い、全能神を礼拝する人だけが救われ、生き残ることができる。 主イエスが地上に来られて働いた時、「悔い改めよ、天の国は近づいた」と言われた。今は世の終わりになり、全能神は地上に来られて人類を救う仕事をし、それから時代を終わらせる。だから人類は、今はどんな時か見極めなければならない。全能神が世の終わりに働くのは、最後に人類を救うためであり、それから時代を終わらせる。全能神は明白に人類に警告されている。「われわれはみな信じている。神がなし遂げようとする事はいかなる国も、いかなる勢力も阻むことはできず、神の働きを妨害し、神の言葉に逆らい、神の計画をかき乱し、ぶち壊すような者たちは、最後には神の懲罰を受けるのだと。神の働きに逆らう人がいれば、神はこの人を地獄に投げ込む。神の働きに逆らう国があれば、神はこの国を滅ぼす。立ち上がって神の働きに敵対する民族があれば、神はこの民族を地球から消し去り、生き返らせない。わたしは諸民族、諸国そして各職業の人々に、皆来て神の声を聞き、神の働きを見、人類の運命に関心を寄せるように勧める。神が人類の間で至聖、至尊、至高の唯一の礼拝対象になるようにし、アブラハムの子孫がエホバの約束の中で生きていたように、初めに神に造られたアダムとエバがエデンの園で生きていたように、全人類が神の祝福の中で生きられるようにする。」 善にはよい報いがあり、悪には悪い報いがあるという諺がある。中共政権党の邪悪、野蛮、狂乱、残忍さはもうヒステリックな、大爆発の状態になった!彼らは歴史に逆行し、天に背き、公然と神様に敵対して神様に対抗し、もう天は怒り、人は恨む程度まで達し、すでに神様に呪われている。恵みの時代に、イエスを恨み、主イエスに敵対してたものはみな滅ぼされた。これは事実なのだ。王国時代に、全能神を恨み、全能神に敵対するものも同じく滅ぼされ、絶対に蘇られない。神様は恵みの時代にイエスに敵対した古ローマ政府を滅ぼしたのと同じように、世の終わりに全能神に敵対する中共の無神論の政権を覆すはずだ。これはすでに神様に定められたことだ。世の終わりのキリストに反抗し、全能神に敵対する者は必ず罰されるに決まっている。これは、神様の性質は犯してはいけないことを十分に説明し、これは永遠に変わらない真理だ。神様に対する中共の反抗が極みに達した時は、それが滅びる日でもあるのだ! [Almighty God][Eastern Lightning][The Church of Almighty God] The Church of Almighty God came into being because of the work of the returned Lord Jesus—the end-time Christ, “Almighty God”—in China, and it isn’t established by any person. Christ is the truth, the way, and the life. After […]

    Read More
  • [The Church of Almighty God] Micro Film “Mission of Love”

    Chinese Title: 愛的使命 [Almighty God][Eastern Lightning][The Church of Almighty God] The Church of Almighty God came into being because of the work of the returned Lord Jesus—the end-time Christ, “Almighty God”—in China, and it isn’t established by any person. Christ is the truth, the way, and the life. After reading God’s expression, you will see […]

    Read More
  • [The Church of Almighty God] Micro Film
    “God Is My Reliance”

    Chinese Title: 神是我的依靠 In March, 2008, he was arrested by the CCP government once again. During the interrogations, in order to force him to sell out the church and betray God, many evil cops beat and kicked him, whipped his head with an iron chain, and knelt on his chest. However, because of God’s keeping, […]

    Read More
  • [The Church of Almighty God] Micro Film “Between Life and Death, God’s Life Accompanied Me”

    [Almighty God][Eastern Lightning][The Church of Almighty God] The Church of Almighty God came into being because of the work of the returned Lord Jesus—the end-time Christ, “Almighty God”—in China, and it isn’t established by any person. Christ is the truth, the way, and the life. After reading God’s expression, you will see that God has appeared. […]

    Read More
  • [The Church of Almighty God] Micro Film “The Persecution and Tribulation Made Me Love God More”

    [The Church of Almighty God] Micro Film

    https://www.youtube.com/watch?v=I_-1V5Kw25A

    Read More
  • Page 1 of 50
Read More God's Word Web Site